Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 1 to 25 of 25)
(showing articles 1 to 25 of 25)

Channel Description:

GIZMODO JAPAN(ギズモード・ジャパン)は最新のスマートフォンなどのデジタルデバイス情報や最新のガジェット情報から、テクノロジー、サイエンス、ビジネス、エンターテイメントの情報まで、刺激的で他とは違う情報をお届けします。
    0 0

    Apple(アップル)が他社に遅れて投入したスマートスピーカー「HomePod」は、今ところ音質面ではほとんどのメディアで高い評価を受けています。しかし音質以外でいうと、米GizmodoのAdam Clark Estes記者の目には厳しく写ったようです…。

    0 0

    2017年に大刷新されて登場するも、お高い値段設定がちょいとネックだった「iPhone X」。だからこそ今年の後継モデルがどんなものになるのかも気になるところです。そんな中、最新の報告では2018年の新型iPhoneは6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルが売れ筋となり、また「iPhone 8」と同程度の価格で販売されるとの情報が届きました!

    0 0

    動画に力を入れたいFacebookに対して、YouTubeのCEOが痛烈発言! その余裕に根拠はあるのでしょうか?

    0 0

    今、僕の手元にはまさにコストパフォーマンス重視のスマートフォン「HUAWEI nova lite 2」があります。 18:9の超ワイドディスプレイは大きくて美しいし、ダブルレンズカメラによってボケ味のある写真撮影も楽しめます。指紋センサーも搭載しちゃってるし、薄型で高級感も上々と、スペックだけで見たら、「カメラ機能重視のハイスペック機?」と思っちゃうレベル。それでいて価格は2万5980円(税別/

    0 0

    円筒形をしたApple(アップル)初のスマートスピーカー「HomePod」ですが、Siriなどの機能が限定されていること以外にも、初期購入者を悩ませている問題が浮上しました。それは、一部の木材の机などにHomePodを置くと白いリング形状の跡ができてしまうというのです。

    0 0

    スマートスピーカーはアクションをリクエストするのが一般的。しかし、スマートスピーカー側から情報を提案するという、一歩進んだ「通知」機能がAlexaに搭載されましたよ。この機能では対応したスキルから、Alexaデバイスへとプッシュでメッセージを配信することができます。

    0 0

    Apple(アップル)から鳴り物入りで登場したスマートスピーカー「HomePod」ですが、現時点での評判はいいところもあれば悪いところもある…といった感じ。しかしその予測製造コストは216ドル(約2万3000円)と、かなりお金のかかったマシーンのようなのです。

    0 0

    Androidの父、アンディ・ルービンさんが開発を手がけたベンチャースマートフォン「Essential Phone」に、3種の限定カラーモデルが登場します。高級感あふれるカラーリングで、大量生産は不可能らしく数量限定になるとのことです。

    0 0

    宇宙に打ち上げられたTesla、地球と衝突する危険性はないの? という不安に答える研究結果が公表されました。

    0 0

    Falconロケットの打ち上げによって、いまや民間企業による宇宙開発への関与も珍しくはなくなった、そんな歴史の新たな1ページを開いたSpaceX。そのSpaceXが、今週末、また新しいプロジェクトで、歴史に名を残すことになるかもしれませんよ~。

    0 0

    本日、クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、ジムに通うビジネスパーソンのためのダッフルバッグ「Everyday Duffle(エブリデイ・ダッフル)」のキャンペーンがスタートしました。仕事の行き帰りや、仕事の合間にジムに通っている人に、ぜひチェックしてほしいプロダクトです。

    0 0

    Apple(アップル)は、新規に登録されるすべてのアプリにiPhone Xのノッチ画面に適応させることを義務付けるようです。開発者に対し、メールでこの旨を知らせたんだとか。これで、iPhone Xユーザーも快適なアプリライフが楽しめるかもしれませんね。

    0 0

    Amazon(アマゾン)の読み放題サービス「Kindle Unlimited」が、72時間限定の「漫画ゴラク祭り」を2018年2月18日まで開催中! 『ミナミの帝王』や『ギフト±』『中卒労働者から始める高校生活』ほか日本文芸社のコミックが2,000冊以上が読み放題に! 人気の作品から長編の名作などを一気見するチャンスですよ。

    0 0

    80年代のポップカルチャーが所狭しと盛り込まれ、『ストII』キャラたちやガンダムのカメオ出演もある近未来VR映画『レディ・プレイヤー1』の新予告編が公開されました。

    0 0

    アメリカ・オレゴン州に住む女性が、なんと人類初の「目の寄生虫」に感染したと伝えられています。もう快復したとのことですが、どうして寄生虫が目にはいったのでしょう?

    0 0

    ギズモード・ジャパン読者が2018年1月にもっとも購入したホームアイテムトップ10をご紹介します。

    0 0

    音楽界の重鎮プロデューサー、クインシー・ジョーンズが、Microsoft(マイクロソフト)の共同ファウンダーのポール・アレンのギターさばきを賞賛しています。しかも、まさにその演奏はジミー・ヘンドリクスのようだというのです。そこまで言わしめるポール・アレン、すごい。

    0 0

    リヴァプール大学の研究者たちが、301人の市民対して行なった調査によると、犬を怖がっている人はより犬に噛まれやすいことがわかりました。

    0 0

    おもちゃの飛行機を改造し、空飛ぶラジコンにDIYしてみたらどうなるでしょうか? 今回は、アニメ『G.I.ジョー』に登場するコブラ・ラッターにモーラートファンを取りつけることで、空を飛ぶ動力を取りつけたということです。すごい熱意。

    0 0

    マグネット式の充電ケーブル「asap X-Connect」なら、手軽充電ライフがお使いのスマホで味わちゃうのです。その手軽さたるや、ワイヤレス並といっても過言ではなし!

    0 0

    これまでのトレイラーで私たちを圧倒してきた超巨大KAIJUですが、今回の最新版では、それが魚のようなミニKAIJUたちの寄せ集めで合体して巨大化することがわかります。

    0 0

    ポップカルチャーのアイコンとなるキャラクターの「目元」だけを集めたアート作品たちをご紹介。巨大な壁画には、『ゴーストバスターズ』のマシュマロマンやブラックパンサーなどが描かれます。キャッチーなビジュアルのキャラクターも、目元だけだと一瞬何者かわからない…これも面白さの一つかもしれません。

    0 0

    自分の荷物大事さに、検査マシンに入ってまで財布を死守しようとした中国人女性。実はこの行為、X線を直に浴びることになってとっても危険な行為なんです。検査機を絶対的に信頼できる世界がくることを祈ります。

    0 0

    冬季五輪が開催中の今、「伝統的なスポーツもそろそろ、テクノロジーと融合して新たなスポーツを生み出しても良いんじゃないか?」なーんて思ったりしませんか? たとえば、床面を大きな画面にした古典ゲーム『Pong』を、体を使って楽しむようなスポーツにしてみる……なんてどうでしょう。 それが、自動運転車が前方の状況を検知する、LIDAR(ライダー)センサー技術を使った『GRiD』です。

    0 0

    Netflixのオリジナル作品『オルタード・カーボン』で登場する、人間の意識をほかの器に移植する行為。これは将来、実現する技術なのでしょうか? ここでは、哲学、神経学、未来学といったさまざまな面の専門家から、「意識の移植」の可能性についての意見を聞いてみることにしましたよ!